36.7℃

普段生活している時の体温ときほどの変わらない体温で表現された作品。
仕事帰りに見つけたものから、休日に見つめたものから、何かを感じて少し熱くなる体温。

夕暮れ、唐揚げ、赤信号。
明けたばかりの蒼い空から。夜空にネオンが灯るまで。

ぼんやりと混じり合ったあいまいな断片を並べると、
それ以上でもなく以下でもなく微熱と呼ぶには少し低い、
だけどしっかりと微熱を感じることができる。

笠原もなか




出展作家プロフィール:
 
 飯塚 富久 Tomihisa Iizuka
長岡造形大学(鋳金)修了後、長岡や見附中心にグループ展・個展など
制作を続けている。ギャラリー dot ONE で個展2回。

 笠原 もなか Monaka Kasahara
和菓子を作りながら、制作を続けている。
新潟・東京・長岡で個展。県内誌やイラストなどを手がけ、市内店舗にも展示。

 ヤマクラ コウジ Koji Yamakura
2000年にアジア徘徊中、印度で一眼レフカメラを買い写真を撮り始める。
独学で現像技術を修得し、2006年ごろから撮ったモノクロ写真を
2008年にギャラリー mu・an にて発表する。